コストが心配な方はプロペシアジェネリックをご利用下さい

fpecia

エフペシアとは、フィンペシアと同じインドのシプラ社が製造販売しているプロペシアのジェネリック医薬品で、フェイナステリド含有薬です。

AGAの原因となるDHT(ジヒドロテスステロン)を生成する2型5αリダクターゼの働きを抑制する効果があると言われています。

同じプロペシアジェネリックであるフィンペシアとの違いはコーティング剤にキノリンイエローを使用しているかの違いだけと言われています。

このキノリンイエローは発癌性があると言われていますが、実際は根拠の無いデマ情報とも言われていますので特に気にする必要はありません。

しかし、同等の効果で発癌性の疑いのある薬よりは疑いの無い薬を使いたいという人が多く、フィンペシアからエフペシアに変更する人が増えています。

fpecia

エフペシアは、AGA(男性型脱毛症)のみに効果的で、円形脱毛症や産後脱毛には効果はありません。

女性の服用は不可となっており、妊婦や妊娠の可能性がある方は触れることも禁止されているので女性の方はご注意下さい。

主な副作用としては、性欲減退、勃起不全、精子減少があります。

また、胃部不快感、腹痛、下痢、頭痛、肝障害などの体調不良が起こる場合もありますが、いずれも男性機能の低下よりは発症率は低く発症した場合も軽症で済む事が多いと言われています。

ですが、体に異常を感じた時はすみやかに医師の診断を受けて指示に従って下さい。

入手方法として、輸入代行業者を利用する方法もありますが、初めてフェイナステリドを含むエフペシアを使用する際は、医師の診断を受け、その上で自分に合った製品を購入するのが安全で確実な方法だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ